一つ、また一つ

 

 

キミは時折

 

 

誰かさんと張り合って

 

 

一生懸命になりすぎて

 

 

空回り

 

 

そして落ち込んでいる

 

 

 

『自分はやっぱりまだまだだ』

 

 

 

なんて考えたりしてる

 

 

 

そんな時は

 

 

ほんの少しだけ

 

立ち止まって欲しいんだ

 

 

 

そして今まで来た道のりを

 

 

ゆーっくりと見て欲しいんだ

 

 

キミがどれだけの経験をしてきて

 

 

どれだけのものを感じてきたのか

 

 

 

その道はキミ専用で

 

 

キミ以外の人は決して通れない

 

 

キミだけが歩いてきた道のり

 

 

 

一つ、また一つとキミは

 

確実に歩んでいる

 

 

 

よくここまで歩いてきたね

 

 

ボクはキミを誇りに思うよ

 

 

 

さあ 道のりはまだずっと向こうまで続いているよ

 

 

くだらない話しをしながら

 

 

時にはスキップなんかして

 

 

これからもボクと歩いてくれるかな

 

FullSizeRender.jpg
Mina Comment